日本の冠婚葬祭において、最近はパーティー方式が多い中、お祝いは現金がいいのか品物がいいのか?

冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし
冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし

冠婚葬祭におけるお祝いは、現金か品物か?

日本での冠婚葬祭において、お祝いは現金がいいのか品物がいいのか迷った事はありませんか?最近の冠婚葬祭は、簡略化されてきているので本来の日本のしきたりを重んじる風潮がなくなってきたような気がします。

しかし、しきたりばかりを重要視するのではなく、簡単に済ます事ができる事はそうする事でムダがなくなっていいと思います。

冠婚葬祭のしきたりの一例で言えば、結婚式など招待された場合のお祝いは現金というのが暗黙の了解のようなものです。
そしてそれには、2で割り切れる(2万円、4万円などの)数字はだめだとかいろいろと気を遣う事があります。
そして、結婚式場のお世話係などの人たちに渡すご祝儀とか、嫁入り道具を運ぶトラックは、来た道をバックしてはいけない(出戻りを意味して嫌うため)とか、本当にいろいろとあるようです。

しかし、昨今の冠婚葬祭、特に結婚式事情は本当に簡略化されているように思います。
例えば媒酌人を立てずに自分たちで式をすすめるとか、パーティー形式で平服で参加して本当にお祝いする気持ちのある人たちに集まってもらうだとか、本当に昔の結婚式のイメージからすると随分と簡単に、そして自分たちなりの方法でやっているそうです。
それが本当は一番いいのでしょうね。昔なら、冠婚葬祭の時には知らない親戚のおじさんやおばさんに囲まれて「おおきくなったね」がご無沙汰の挨拶のようなのがワンシーンとして繰り返されるのでしたが。冠婚葬祭と言うくらいですから、人が生まれて死ぬまでの一通りの行事ごとに特にこれだけお金をかけることはすごい事だと思います。
そしてこんなに昔と違ってきているので、予算を言って欲しい品物を聞いて贈るというのもいい事だと思います。

関連リンク