私は今までにお祝いをしてもらった冠婚葬祭の中で心に残っているのが、成人式と結婚式の2つです。

冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし
冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし

今まで私がお祝いしてもらった冠婚葬祭

私も今までにいろいろな冠婚葬祭を経験して着ました。
その中でも自分が主役としてお祝いをしてもらったのが、成人式と結婚式です。
この2つが今でも心に残っているのです。
自分のために家族が集まってお祝いをしてくれることはすごくうれしいことだと思いました。
まずは、成人式です。
成人式のために親が振袖を買ってくれたことがすごくうれしかったのです。
こんなに自分のためにお金をかけてくれる親にとても感謝しているのです。
そして大人の仲間入りをしてお酒を飲んだことを覚えています。

そして次にやはり人生の中で1番の思い出に残っている冠婚葬祭のお祝いは結婚式だと思います。
まさか私も結婚するとは夢みたいでした。
今までずっと母親に甘えていて、ご飯を食べさせてもらっていて、家の手伝いもろくにしていない私がこれから花嫁で好きな人のために料理や洗濯などをすることになるのです。
結婚式の時にすごく親に迷惑をかけていたのだなってジーンときてしまった思い出です。
親から離れたくないような、でも新生活が楽しみのようなそんな気持ちになりました。

でも家族がすごくお祝いをしてくれたのがうれしかったでのです。

こうやって冠婚葬祭ではだいたいの人がこの2つを経験するのです。
そして1度きりの人がほとんどだからこそ、大事なお祝いにしてほしいものです。
みんなが笑顔になっているし、自分も笑顔になっていました。
写真をいっぱい撮って記念に残していました。
自分のお祝いをしてもらっていい思い出になっています。