日本には冠婚葬祭時お祝いやお悔やみの気持ちを表すものがあります。それがご祝儀と香典というものなのです。

冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし
冠婚葬祭時のお祝いとお悔やみのしるし

冠婚葬祭時に見られるお祝いとお悔やみのしるし

日本人は冠婚葬祭時に必ずお祝いやお悔やみの気持ちを贈る文化があります。
結婚式にはご祝儀を持って結婚式に参列します。
日本の結婚式は非常に費用がかかるものです。
結婚式を挙げるのに、ご祝儀も結婚費用に充当するものとして計上し結婚式を挙げるカップルも存在し、できれば沢山の気持ちをご祝儀にのせて贈りたいものです。
また新婚生活には沢山のお金がかかるものです。
新居の用意に、家具の購入、生活用品の準備と所帯を新たに構えることは非常に大変なことなのです。
そのことを皆知っているので、結婚式の祝儀をはずむ傾向にあるのです。
ご祝儀には新婚カップルに向けて頑張って所帯をやっていけるようにと、その気持ちや愛情が込められているのです。
また結婚式に参列できない人は、新婚カップルにギフトを贈る習慣があります。
新婚生活は一から道具を揃える必要があるので、基本的に生活必需品であれば何を贈っても喜ばれる傾向にあります。

新婚カップルにはティーカップセットやキッチン道具、エプロンにテーブルクロスなどを贈っても大変喜ばれるでしょう。
葬儀の時にも日本人は遺族に香典を持っていく習慣があります。
日本のお葬式は非常に費用がかかるものです。
遺族にとって少しでも負担が軽減されるようにと香典を持っていくのです。

しかし遺族に過剰な気遣いをさせてはいけないので、ご祝儀ほどの高額な香典は持っては行きません。過剰に遺族に気を遣わせない程度の気持ちを香典に込めて持っていくのがマナーです。
最近は香典辞退の葬儀も非常に増えてきています。
それでも遺族の負担を考えると香典を持っていってあげたいものです。

しかしこうした場合は、後日自宅に伺いお花や果物などお供えを気持ちとして贈ると良いでしょう。
またどうしても香典を渡したければこの時に一緒に渡しても良いと言えます。
あくまでも香典辞退の葬儀で香典を出すことは、他の参列者の手前避けたほうが良いと言えます。
後日改めてお参りさせてもらい、そのときそっと香典を渡すのがスマートな振る舞いと言えるでしょう。